就職に役立つ資格・検定

Pocket


資格・検定を取得して就職を有利に!

よく就職をする時、資格があれば有利。と聞きますよね。特に未経験からの就職や転職に資格は役立つと言われますね。

確かに資格があればスキルを証明でき、未経験だといっても即戦力になれるという事をアピールする事ができます。

実際に現在、少しでも有利に就職を決めたいから、資格を取得する事で事前スキルを身に付ける事ができるから、という理由で資格を取得してから就職をする方が多いんですね。

資格は持っていて損をするものではないので時間に余裕がある方は資格を武器にして就職をしてみてはいかがでしょうか。

現在、大学中退からの就職を目指している方は学歴がない分、就職が不利になってしまうケースは多いです。少しでも有利に就職を決めるためにも就きたいと思っているお仕事に関する資格がある場合は取得する事を検討してほしいと思います。

業界・職種関係なく有利になる資格・検定

また、資格や検定の中には様々な職種に役立つものもあるんですね。

業界・職種関係なく、有利になる資格・検定は、

・TOEIC
・簿記
・医療事務
・日経TEST
・MOS
・秘書検定
・FP(ファイナンシャルプランナー)

いずれも選考時には高く評価される資格・検定です。

特にTOEICは現在、需要が高い検定になりますね。グローバル化が進んでいる現代の社会。英語が話せるというだけで就職を有利に決められる事もできるんですね。

今後、今以上に国際化が進んでいく事が予想されているので英語のスキルも必要になる事が多くなりますので検定を受けて損をする事はなにないと思います。

また、IT社会でもある現在。仕事にパソコンは必須アイテムです。どこの企業でもパソコンでデータを管理したり、書類を作成したりしていますよね。

このパソコンに関する資格・検定も今では増えてきています。

上記でご紹介した中ではMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)という資格。この資格があればエクセルやワード、パワーポイントに関するスキルを身に付けているという事を証明することができます。

パソコンを使用するお仕事だとこの資格は有利に働くので取得してほしい資格のひとつになりますね。

他にも女性におすすめの資格が簿記、医療事務、秘書検定、この3つの資格・検定になります。

女性の場合、比較的事務所のお仕事に就く方が多く、この3つの資格・検定は事務職への就職・転職に大いに役立ってくれるものになります。

こうした資格があると結婚後や出産後に社会復帰を考えた時にスムーズにお仕事探しを行えるケースもあるので、取得する価値は十分にあると思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket