大学中退 20代の就職・転職サイト > 大学中退 正社員就職 > 大学中退 資格なしでも就職出来る?

大学中退 資格なしでも就職出来る?

Pocket


資格があった方が有利に就職を決められる!

大学中退から就職を目指す時、資格はないよりもあった方がいいですね。

資格は就活の武器になるものです。資格がある事で知識やスキルを身に付けている事を証明する事ができますし、採用担当者にも就職するために資格を取得した熱意を伝える事ができるので良い印象を与える事ができるでしょう。

たとえ、未経験からの就職であっても資格がある事で即戦力になってくれるという判断をする企業もあるので自分が就きたい仕事に関連した資格がある場合は積極的に取得する事をおすすめします。

今では資格を取得する環境も整っていて、スクールや通信講座などでも資格を取得する事も可能です。就活と併用しながら資格取得を目指してもいいですね。

就活に役立つ資格ってなに?

現在、様々な資格が存在します。民間資格から国家資格まで非常に多くの資格が存在し、仕事に役立つ資格をたくさんあります。

まずは自分が就きたい仕事に関連した資格を取得する事がおすすめですが、お仕事全般に役立つ資格もあるですね。

【TOEIC】
グローバル化が進んでいて海外進出をしている企業も今では少なくありません。外資系企業も日本に多くあり、英語を話す事ができる事が必須条件になっている企業もあります。
英語のスキルを証明したい時に役立つのがTOEIC。
外資系企業のほとんどは求人の資格条件にTOEICのスコア○○○点以上ある事を条件にしていますし、一般企業でも英語スキルが高い人材は高評価を得る事ができます。

【マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)】
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)では、ワードやエクセル、パワーポイントなどのofficeソフトを使いこなせる事ができるスキルを照明する事ができます。
現在、パソコンは仕事に必要不可欠なものです。ワードやエクセル、パワーポイントでデーターを管理したり、資料を作成したりしていますよね。
どの職業でもワードやエクセル、パワーポイントは使う事になるので就職を目指すのであれば持っていて損をする事がない資格です。

上記でご紹介した2つの資格はどの業界・職種のお仕事でも役立つ資格ですので、就活中に取得が可能なら取得する事をおすすめします。

資格を取得した事は自分から積極的にアピールする!

資格があるという事を自分からアピールしていく事は大切です。ただ取得するだけではなく、就活の武器にするためには自分から積極的にアピールしていく事は必須です。

なぜ資格を取得したのか、資格を取得するにあたって大変だった事、その資格を今後どのように活かしていくのか、などの事を自分から企業に伝えましょう。

選考時に自己PRをする時間は必ずあります。自己PRの時間を使ってうまくアピールする事ができれば、採用担当者には高い確率で好印象を残す事ができます。

せっかく取得した資格ですから、積極的にアピールしていきましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket