大学中退 20代の就職・転職サイト > 大学中退 就職 悩み・不安 > 大学中退者向けの求人にはブラック企業が多い?

大学中退者向けの求人にはブラック企業が多い?

Pocket


大学中退者向けの求人にはブラック企業の求人が潜んでいる事が多い

現在、社会問題にもなっているブラック企業。

過度の勤務時間やノルマ、残業、休日出勤、パワハラ、セクハラなど。様々な事が問題になっていますね。

ブラック企業は社員の出入りが激しく、入社してもすぐに退職をしてしまう人が多いので企業は常に人材を募集している傾向にあります。

求職者が集まる求人サイトでも求人を出して人材募集をしているので適当な気持ちで求人探しをしているとブラック企業に就職してしまう恐れがあります。

特に未経験を歓迎している求人や学歴・年齢不問の求人といった大学中退者向けの求人にはブラック企業の求人が潜んでいる事が多いので求人探しは慎重に行いましょう。

ここではブラック企業を見極めるポイントやブラック企業の特徴についてご紹介しています。

ブラック企業の特徴と見極めるポイント

常に人材募集をしている企業

求人検索をしているといつも見る事ができる求人がいくつかあると思います。

こうした企業の求人の詳細を見てみると、表向きは「常に人材発掘している」「事業拡大のため大量募集」といっていますが、ブラック企業の可能性が高いので注意してください。

先ほども述べましたが、ブラック企業は社員の出入りが激しいです。そのため人材不足に陥っていて常に求人をだしている傾向にあります。

ホワイト企業や働きやすい企業の場合は入社後も長期に渡って働き続ける人が多いので一度、人材募集をするだけでしっかり人材を確保する事ができます。

常に求人を見る事ができる。複数の求人サイトで募集を行なっている。という求人はブラック企業の疑いがあるので避けるようにしましょう。

選考時に即入社が決まる

ブラック企業に就職した事がある方のお話を聞いていると、面接の時に採用をもらったという方が意外と多いんですね。

これは人材不足に陥っていて今すぐに人手がほしいという事です。

一般的な企業ですと必ず時間をかけて選考が行われますので、即入社が決まる企業はブラック企業の疑いの目を持ったほうがいいでしょう。

採用をもらった喜びや就職が決まらない焦りがあったとしてもすぐに返事を出さないでしっかり考えてから入社するか、しないかを決めるようにしましょう。

年齢層が若い

年齢層が若い企業もブラック企業の特徴のひとつです。

その理由は、長期間に渡って働く事ができない企業だからです。

大手企業や優良企業では若い社員よりも30代~50代の社員の方が多いです。重役になると年齢層はもっと上になるでしょう。

30代以降の方ですと家族を持っていたり、安定を求める方が多く、少しでも将来性を感じない、このまま働き続ける事は無理と判断すればすぐに転職をします。ブラック企業の場合だと尚更ですね。

20代の方と比べて30代以降の方は社会の事を知っていますのでブラック企業なのかもすぐに見極める事ができるのでブラック企業には長居しない傾向があります。

企業研究をしている時にもし年齢層が若いなと感じた時はブラック企業を疑ったほうがいいです。

面接が圧迫面接

圧迫面接はブラック企業だという事のサインでもあります。

面接を受けた時にあまりにも威圧的な対応や厳しい叱咤を受けた時には選考辞退も考えた方がいいです。

企業によってはその人のメンタル面やストレス耐性を見極めるために意図的に圧迫面接を行う場合がありますが、これは入社後に過酷な毎日が待っている証拠でもあります。

入社後に高い確率でパワハラを受ける恐れがありますし、労働環境も悪い可能性が高いです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket