大学中退 20代の就職・転職サイト > 大学中退 就職 悩み・不安 > 大学中退者は就職できないって本当?

大学中退者は就職できないって本当?


大学中退は就職できない?と悩んでいませんか?確かに就活で不利になることは多いです。しかし大学中退でも就職はできます。今では就職の心強い味方になってくれる就職支援サイトが多く誕生しています。大学中退者の就職をサポートしてくれる就職支援サイトもあり、就職支援サイトを利用する事で大学中退からでも有利に就活を進める事ができるんですね。そして、就職成功の確率を大幅にアップさせる事ができます。

大学中退者が就職を成功させるポイント!

大学中退者の就職が不利になる理由

現在、大学中退から就職を目指している方の中には、

「大学中退者は就職できない。。。」
「大学中退は就職に不利。。。」
「大学中退を採用してくれる企業は少ない。。。」

このような不安を抱えている人は多いと思います。

実際に大学中退者は新卒や第二新卒、既卒の人と比べると不利になる傾向があり、就活をスタートしてもなかなか採用をもらえない傾向があります。

なぜ大学中退は就職できないと言われているのか?その理由は大学中退者は最終学歴が大学中退になり、企業に与える印象も決して良いものではないんですね。

その上、求人探しの幅もいっきに狭くなり、大学中退の場合は高卒求人にしかエントリーできないためエントリーできる求人にも限りがでてくるんですね。

大学中退後、フリーターやニート期間がある場合、さらに応募できるのが高卒求人の中途採用ということで就職活動に難しさを覚える方も多いのかもしれませんね。

もちろん、大学を辞めた訳ですから学校からの就職サポートもなく、自分一人で就活を行なっていかなければなりません。

このように大学中退者は不利な状況の中、就活をしなければならないためなかなか就職を決められないという人が多いんですね。

特に自分一人で就活を行なっている方。今までに就活経験がない人だとどう就活を行なっていいかわかりませんよね。

ただ求人に応募して、履歴書を書いて、面接を受ける。というようなバイト探しと同じ感覚で就活をしてしまうといつまでも就職を決める事はできないでしょう。

正社員面接は、やはり厳しさがあります。
アルバイトとは違い、正社員はそんなに企業としても気軽に雇うことは出来ませんからね。

大学中退でも就職はできます!就職サポートしてくれる就職支援サイト

でも大丈夫ですよ。大学中退でも就職はできます。

今では就職の心強い味方になってくれる就職支援サイトが多く誕生しています。

大学中退者の就職をサポートしてくれる就職支援サイトもあり、就職支援サイトを利用する事で大学中退からでも有利に就活を進める事ができるんですね。そして、就職成功の確率を大幅にアップさせる事ができます。

大学中退後、就職活動に取り組んでみたものの、就職できない時期が続いてしまっている方もぜひ相談してみてください。

就職相談からの内定率が高い就職支援サイトです。

利用は無料ですが、サポートは手厚いです。

大学中退者におすすめの就職支援サイトとしてご紹介したいのが、以下の3つの就職支援サイト。

これらの就職支援サイトは手厚いサポートが特徴になり、大学中退者の就職をしっかりサポートしてくれます。

見つける事ができる求人も大学中退者向けの正社員求人になりますし、実に様々な職種の求人を見つける事ができるので求人探しを有利に行う事ができ、自分に合った求人もすぐに見つける事ができるでしょう。

就職アドバイザーも求人を紹介してくれるので断然、有利に仕事探しを行なう事ができるでしょう。

就職支援サイトで受けられる就職サポートは以下でまとめているので一度、目を通してみてください。就職を目指している大学中退者にとってはどれも魅力的なサポートになると思いますよ。

就職支援サイトではどのような就職サポートを受けられるの?

就職支援サイトには就職をサポートしてくれる専任コンサルタントがいます。

専任コンサルタントは就職サポートのプロ。専任コンサルタントを味方に付ける事で様々なアドバイスやサポートを受ける事ができ、自分一人で就活を行うよりも断然有利に就活を行なって行く事ができます。

上記で大学中退の人は不利な状況で就活を行わなければならないという事を言いましたが、就職支援サイトを利用する事で不利な状況を有利に変える事ができ、あなたの就職を成功へと導いてくれます。

他にも就職支援サイトでは未経験者を歓迎している正社員求人や学歴不問の正社員求人を中心に扱っているので大学中退からでもエントリーできる求人を多くみつけることができます。

専任コンサルタントもお仕事探しのサポートしてくれるので自分に合った求人もすぐに見つける事ができ、後悔のしない就職を行う事ができるでしょう。

【専任コンサルタントから受けられる就職サポート】
・キャリアプランの提案
・求人紹介
・応募書類の添削
・面接対策
・就業後のアフターフォロー

このような就職サポートを受ける事ができるんですね。

専任コンサルタントは就職が決まるまでしっかりあなたの就職をサポートしてくれるので就職を目指している大学中退者の心強い味方になってくれる事間違いありません。

大学中退者におすすめの就職支援サイトの詳細に関しては以下のページでご紹介しているので一度、就職支援サイトの公式サイトに目を通して、どのような就職サポートを受けられるのかを確認してほしいと思います。

大学中退者におすすめの就職支援サイトはこちら!

大学中退からでもすぐに就職できる人の特徴

根気強く、辛抱強く就活を行なえる人

大学中退からの就職はそう簡単に決められるものではありません。上記でご紹介してきたように大学中退者の就職にはいくつもの壁が立ち塞がります。

ですので、就職が決まるまで根気強く、辛抱強く、就活を行なっていかなければなりません。

不採用をもらってもすぐに気持ちを切り替えて再度、就活を行なって行く事が大切です。この時、なぜ不採用だったのかを反省し、改善できる所を改善する事ができれば次の就活も有利に行なって行く事ができるでしょう。

決してネガティブになりすぎないで就職が決まるまでは前向きに就活を行なっていきましょう。そうすることで就職成功に一歩近づく事ができますよ。

企業、求人を選び過ぎない人

大学中退後、就職できない人の特徴として挙げられる事が多いのが「企業や求人を選び過ぎている人」です。

ということで大学中退後に就職できる人の共通点として、その逆、「企業、求人を選び過ぎない人」」は就職しやすい傾向にあります。

どんな仕事でも良いから正社員就職したい、という訳では無いでしょうけれど就職支援サービスを利用して紹介された求人はとりあえず調べてみる、企業研究をしてみる。

その上で、自分の強みが発揮できそう、適性に合っていそうな企業であれば面接を受けてみる。
面接で直接、経営層や社長と話をすることで分かる事もたくさんあります。

中小企業でも優良企業はたくさんありますからね。

絶対にやりたい仕事もあるとは思いますが、選択肢を最初から限定しすぎないことも、大学中退後の就職成功にはとても重要なポイントといえます。

将来のキャリアプランが明確になっている人

大学中退からでもキャリアをしっかり築いていく事ができます。

5年後、10年後の自分をしっかりイメージできていれば、その目標に向かってキャリアを積んで行けばいい訳です。

大学中退からの就職だとエントリーできる求人にも限りがでてきますが、そこからキャリアを築いていけるお仕事を見つけて就職することが大事です。

人選をしている企業も将来のビジョンや目標が明確になっている人には好感を持つ傾向があり、好印象を与える事ができるでしょう。

ポテンシャル採用を行なっている企業だと採用をもらえる可能性も高いので志望動機や自己PRで将来のキャリアプランやビジョン、目標を企業に積極的に伝えていきましょう。

積極的に行動できる人

何事もそうですが、積極的に就活を行なって行くことが大事です。

積極的に求人探しを行なう、積極的に情報収集を行うなど、積極的に行動できればより多くの求人情報や就職に役立つ情報を収集する事ができます。

今では就職を支援してくれる就職支援サイトや就職に役立つ情報を掲載している情報サイトなども多くあるので、利用できるものはフル活用して就活を行なっていきましょう。

収集した情報を自分の就活に活かす事ができれば就活を有利に行う事ができるので現在、大学中退から就職を目指している方には積極的に就活を行なって就職成功を勝ち取りましょう。

大学中退 就職できない人の共通点

大学中退後、就職できない人の特徴

大学中退後、就職できない人の特徴についても見ていきましょう。

大学中退してからの就職活動では、空白期間が空くほど就職が不利になってしまいます。

就職が決まらずに空白期間が半年、1年と空いてしまっても同様です。
その後の就活が厳しくなってしまいますから、就職できない期間が短く終わるように就活の軌道修正を行っていくことが大切ですね。

大学中退後の就活スタートが遅い

大学中退後、就職活動をして内定をもらいやすい時期は、半年以内と言われます。

中退してからの空白期間として、半年程度は特に問題とされることも少ないことも大きいでしょう。

もし「空白期間は何をしていましたか?」と面接官に質問をされても、「就職活動をしていました」という答えから志望動機、自己アピールへと繋げやすいでしょう。

空白期間が1年以上あると、

「どうして空白期間がこんなに長くなったのですか?」

といった質問がさらにあり、答えに対してさらに「なぜ」という質問がが続く可能性もあります。

空白期間は長くなればなるほど、面接での質問も突っ込まれるようになりますし、答えに窮することも増えるのではないでしょうか。

結果として、面接官を納得させられるような答えが出来ずに不採用になってしまう、という可能性が高くなります。

中退してから就活スタートが遅れることで、正社員として働く意欲が無い人、というイメージを持たれる可能性もあります。

行動量が少ない

大学中退者は新卒と比べるとどうしても内定率が大きく落ちてしまいます。

そのため内定をもらうためには、たくさんの求人に応募することが必要です。

就活を始めて1社目、2社目で希望通りに内定をもらえる人もいますが、少数と考えた方が良いでしょう。

大学中退後、ブランク期間が空いていたり、ニート歴がある場合にはさらに内定率が下がる傾向にあります。

書類選考を通過し、面接に辿り着くのも難しい方もいると思いますが数を受けることでカバーすることが重要といえそうです。

求人、仕事を選び過ぎている

大学中退者は中途採用への応募となります。

中途採用の場合には、あなた以外にも応募者が多数いる場合が多く、学歴や経歴、アルバイト歴などで比較をされることになります。

大手企業や有名企業、希少性の高い人気職種になると応募者も増えますし、即戦力となる転職希望者も多く応募しているものです。

そうした場合には、やはり大学中退者は書類選考の段階で不利になることが多く、不採用になる可能性が高いといえます。

大学中退後は、中小企業や人手不足の業界など、正社員就職しやすい企業を狙うことも就職成功のコツです。

応募先企業を企業規模、知名度、待遇などで選び過ぎていないかどうか、就職できない状況が続く大学中退者の方は、一度見直されても良いかもしれません。

企業研究など情報収集が不足している

この後の面接対策での受け答えが上手く出来ない、といったことにも関連してきますが、企業研究など情報収集が不足していることで内定がなかなかもらえない事は多いです。

応募先企業が属する業界の競合他社に関しても情報収集をして、比較をすることでよりアピール出来る志望動機が作れることは多いため、時間が許す限り情報収集をすることをオススメします。

面接対策が不足している

大学中退後は、基本的には一人での就職活動となります。

企業研究や面接対策も自分で行う必要があるため、どうしても準備不足になりがちです。

面接で上手く自分の意見や考えを伝えられなかったり、面接官からの質問に上手く答えられないのは面接対策が不足しているためと言って良いでしょう。

模擬面接など数をこなすことで、本番の面接でも上手く答えられるようになってきます。

自分一人では面接対策を万全にするのは難しいです。
実際に面接を数多く受ける事が出来ていれば少しずつ必要な対策も分かりますが、そんなに数多くの面接を受ける前に内定獲得して就職先を決めたいですよね。

面接対策などに不安がある場合には、大学中退者向けの就職エージェントを利用して面接対策のサポートなどを受ける方法がオススメです。

面接時のマナーも含めてしっかりと準備をすることが大切です。

就職できない大学中退フリーター、ニートの方へ

大学中退後、就職できない状況を打開する就活ツールとしてもオススメ

大学中退後、正社員になるために就活をしても、就職活動がうまくとは限りません。

思った以上に就活が苦戦してしまい、どこを改善したら良いか混乱して分からなくなってしまう方もいるかもしれません。

書類選考で落ちる場合の修正ポイント、面接で落ちる場合の修正ポイント、いずれも違ってきますよね。

一人で就職活動をしていると自由に求人を探して応募出来るという面もありますが、困った時、悩んだ時に壁にぶつかってしまい、前に進めなくなる可能性もあります。

そうした就職できない状況の時、先ほどご紹介したような大学中退者も専門的に就活をサポートしてくれる就職支援サイトを利用することで、就職活動のプロから客観的にアドバイスをもらうことが出来ます。

これまでにも数百人といった人数のサポートをしてきたコンサルタントもいるでしょう。

そこまで経験豊富ではないにしても、多くの大学中退者やフリーター、ニート、既卒の就職をサポート、内定獲得をサポートしてきた経験から、修正箇所をアドバイスしてくれます。

大学中退後、就職できないと困っている時期がもしあるようでしたら、就活を打開するツールとして就職支援サイトを活用してみてはいかがでしょうか。

就職支援サイトでは非公開求人を扱っていますから、これまでとは違った未経験者向けの正社員求人が見つかる可能性も高いですよ。