大学中退が就職に与える影響

Pocket


大学を中退してしまうといっきに就活は不利になる

現在、大学に通っている人の10人に1人が大学を中退していると言われています。

大学中退の理由は人それぞれですが、大学を中退してしまうと就職にも悪影響がでてきてしまいます。

経済難ですぐに働かなければいけない事情を持っている方でも、大学中退という肩書きを背負って就活を行わなければなりません。

最終学歴は大学中退になり、企業によっては高卒と同じ扱いをする企業もあります。最終学歴が大卒と大学中退ではエントリーできる求人もまったく異なり、大学中退だと求人探しの幅はいっき狭くなります。

その上、大学中退者は自分一人で就活を行わなければなりません。大学のサポートはなく、求人探しから応募書類の作成、面接対策まで、すべて自分一人で就活を進めていかなければならないんですね。

一度も就活をしたことがない人にとっては、どうのように就活を進めればいいのかわかりませんし、有利に就職を決める方法もわからないと思います。

求人サイトで自分にできるような仕事を探して、エントリーして即採用。そんな世の中あまくはありません。大学中退者には採用の壁は大きく、なかなか自分の思うように就職を決める事ができない恐れもでてきます。

このように大学を中退してしまうといっきに就活は不利になってしまいますし、企業に与える印象も決していいものではありません。

企業からは大学中退はどう思われているのか?

就職支援サービスを利用して就活をサポートしてもらうのがベスト!

就職が不利になってしまう大学中退者。無理して自分一人で就活を続けても採用をもらえるまで多く時間がかかってしまう恐れがあるのでプロのサポートを受けながら就活を行なってほしいと思います。

今ではフリーターや求職者の就職をサポートしてくれる就職支援サービスが誕生していて、就職支援サービスがあなたの就職を支援してくれるんですね。

専任コンサルタントが付き、求人探しから応募書類の作成、面接対策、就業後のアフターフォローまでしっかりサポートしてくれるので自分一人で就活を行うより断然、有利に就活を進めていく事ができます。

上記でも述べましたが、一度も就活経験がない大学中退者の中にはどう就活を進めていけばいいのかわからないという人も少なくはないと思います。就職支援サービスはそんな方の心強い味方になってくれる事間違いありません。

また、就職支援サービスで見る事ができる求人のほとんどはフリーター向けや若年層向けの正社員求人です。未経験者を歓迎している求人、学歴不問の求人を中心に見つける事ができるので効率よく求人探しを行う事ができます。

専任コンサルタントも求人探しをサポートしてくれるのでお仕事探しも有利に行っていく事ができますよ。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket