大学中退 20代の就職・転職サイト > 大学中退ニート就職 > ニート 社会復帰して正社員として働く方法

ニート 社会復帰して正社員として働く方法

ニートから正社員就職

ニートから社会復帰するには、正社員就職して働くしかありません。アルバイトや派遣として働くという手段もありますが、結局は非正規雇用で不安定ですし長く働くと、正社員になるのが難しくなります。
ニートからの就職で重要なのは、年齢、ニート歴の長さです。就活も就職支援サービスやサポステなどを利用して行った方が自力での就活よりも就職成功に繋がりやすいでしょう。

ニートから社会復帰

ニート社会復帰、正社員として働く方法

大学中退後、ニートになってしまった

という方も多いと思います。

大学中退理由も色々とあると思いますが、中退理由が自分ではどうしようも無い理由(親のリストラなどによる経済的事情など)であれば、やる気が無くなりアルバイトも就活もせずに引きこもってしまい、ニートに・・・

といったことも仕方無いのかな、といった感もあります。

しかし、いつまでもニートでいると、

「そろそろ就職しようかな・・・」

と思った時には就職できない年齢になっている可能性もあります。

ニート歴が長くなると、就職を目指す際に様々な点で不利になってしまいます。

ニートから社会復帰して正社員就職する方法はいくつかあります。

正社員になるための就職活動、最大の壁は「面接」です。

面接対策のサポートを利用出来ると、内定率を上げることが出来ます。

脱ニート、正社員就職して社会復帰するための就職活動、その中で就職するために活用出来る就職サイト、就職支援についてご紹介しています。

ニート社会復帰 就職支援サイトの活用

ニートから就職して社会復帰するための方法として、就職支援サイトの活用をオススメします。

就職のために行動できるニートの方は、短期間で就職先が決まることが多い、民間企業への就職支援を利用する方法が良いでしょう。

DYM就職

就職成功率96%!優良企業の求人多数!

大学中退のフリーター・ニートの方も高い就職成功率で正社員になっています。
豊富な取引先の中からあなたに合った就職先を探し、内定獲得までサポートしてくれます。

就職成功率も96%という、非常に高い実績を持っていますし、これまでの就職成功実績は5,000人を越えます。

DYM就職を利用する事で高い確率で就職を決める事ができます。

大学中退から就職を目指している方には是非、利用してもらいたい就職支援サイトです。

札幌、広島にも拠点がある就職支援サービスが希少です。
(面談会場に申込み可能な時期が限られている可能性があります、お早めにお申し込みください)

就職shop

人材紹介大手リクルートが運営するフリーター・ニート向け就職支援サービス、就職shopです。

登録企業数、求人数が非常に豊富です。
幅広い業界・業種の取り扱いがあることも就職shopを利用するメリットです。

大学中退後フリーター・ニートの方の就職支援にも強く多くの企業への就職実績が多数あります。

「就職Shopきょうと」があります。

「就職Shopきょうと」では京都南エリア(京都市・長岡市・向日市・宇治市・八幡市)の求人を中心に大阪府・滋賀県・兵庫県の関西エリアの求人紹介にも対応。

関西エリアで就職を希望するフリーター・ニートの方向け、20代向け求人が多数あります。

書類選考なしで面接を受ける事が出来ます。

ハタラクティブ

正社員成功率80.4%!就職支援実績は約60,000人以上!

20代向け正社員就職支援のハタラクティブ。大学中退者の利用者も多いです。

「やりたい仕事がない」という方も相談してみてください。
幅広い業界・業種の求人を取り扱っており、適性に合わせた求人を提案してもらうことが出来ます。

未経験求人や学歴不問の求人を中心に見つける事が可能です。
未経験者歓迎の求人ですから、大学中退の方でも有利に仕事探しを行う事ができます。

専任コンサルタントのサポートも万全。
ビジネスマナーから面接のコツまで、様々な就活ノウハウを得る事ができます。

ジェイック

書類選考なしで面接!就職成功率は80.3%!

ブラック企業を徹底的に除外し、求人紹介を行っているジェイックです。

ジェイックでは就活支援講座を受けることになります。

講座ではビジネスマナーや履歴書の書き方、面接の受け方、自己PRや志望動機の作り方など、様々な事を学び、就職に向けてゼロからの方もしっかり準備をすることが出来ます。

就活の仕方が分からない、改めて就活の仕方を見直したい方にもおすすめです。

書類選考なしで面接に進む事ができるのもジェイックの大きな特徴です。
書類選考がないのでスムーズに就活も進める事ができ、面接でしっかりとアピールすることが出来ます。

営業職の求人が多めですが、事務職、エンジニア職などの取り扱いもあります。

ニート社会復帰 就労支援を活用

ニートから就職を目指す際、すぐに就職活動のために行動することが難しい・・・という方もいると思います。

相談からはじめたい、少しずつ働く事になれていきたい。

そうした場合には、ジョブカフェや地域若者サポートステーション(サポステ)を利用して相談から始めることも出来ます。

お住まいになっている地域それぞれに、ニートの就労支援を行う支援団体があると思います。

ジョブカフェ、サポステ以外にもニート就職支援団体もありますが、これまでの実績、支援体制などをしっかりと見極めて安心して利用出来るかどうかを判断することが大切です。

ジョブカフェ

ジョブカフェは正式名称を「若年者のためのワンストップサービスセンター」といいます。
ジョブカフェの方が一般的と思います。

地元密着なので、地元で就職したい方は利用するメリットは大きいのではと思います。

就職セミナーや職場体験、カウンセリングや職業相談、職業紹介などのサポートを受けることが出来ます。

全国にあるジョブカフェは、

⇒ 厚生労働省 ジョブカフェにおける支援

からお住まいの地域にあるジョブカフェを確認する事が出来ます。

ハローワークを併設しているジョブカフェもあり、職業紹介を受けることも可能です。

サポステ

サポステは就職して働くことに不安を持つニートの方が相談をしたい時にも最適な就職支援といえます。

サポステにはキャリアコンサルタントや臨床心理士、産業カウンセラーなどの専門家がいます。

じっくり時間をかけて積極的に面談を行い、あなたに必要な経験やスキルを見極めて、きめ細やかなサポート内容を決定していきます。

他の就職支援との大きな違いともなっています。

⇒ サポステ[地域若者サポートステーション]

ニートの就職、社会復帰を難しくする理由

ニートから社会復帰したい、と希望したとしても就職を難しくする要因、壁があります。

どれもニート期間が長くなるとさらに大きな壁となってしまいますから、ニートから就職を目指す場合には出来るだけニート歴が短い間に就活をスタートする方が仕事に就きやすいと言えます。

空白期間

大学中退後などニートになっていた方の場合、空白期間について必ず面接では質問をされることになります。

空白期間が長くなればなるほど、やる気が無い、適応能力・コミュニケーション能力に不安を持たれてしまいやすくなります。

ゲーム中心のニート生活をずっと送っていたとしても、就職のための情報収集を行っていました、資格取得に向けて勉強をしていました、といった答えを用意しておく必要があります。

短期間でもアルバイト経験があれば、それも伝えると良いですね。

逆に、学校を卒業後や中退後2,3ヶ月といった短期間のニート生活であれば特に問題とされることは無いと言えます。

年齢

ニートから正社員就職を目指す時、最も重要なのは年齢といって良いでしょう。

いくら人物重視で面接をしてくれる企業の求人を見つけた、といっても27歳まで、29歳までといった採用基準があります。

30歳を越えると、正社員就職は非常に難しくなってしまうでしょう。

だから、ニートから正社員就職を目指すなら29歳までに、ということがよく言われるですね。

実際、30歳を越えると未経験者歓迎の求人は激減しますし、ニート歴がある場合にはなおさら応募できる求人が減ってしまいます。

先ほどご紹介したような就職支援サイトを利用しても同様です。

正社員就職を目指す気持ちがある場合には、できるだけ早く就活をスタートする方が良いでしょう。

ニート社会復帰 アルバイトから働き始める

ニートから社会復帰する方法として、なんとなくアルバイトから始める、というのは基本的にはオススメできません。

なんとなくアルバイトをすると、今度はアルバイトの働き方が楽に感じられてしまい、正社員になるための就職活動が不安になってしまいます。

「りあえず今アルバイトで生活出来るし、就職はまた後で良いかな・・・」

となると、ニートからフリーターになっただけです。

ニート期間もフリーター期間も長くなると、その後の就職活動が不利になってしまいますから、短期間で終わらせることが大切です。

リハビリ的にアルバイトをしたい、と考えるのであれば、短期バイト、単発バイトで働くのはオススメです。

家の外に出て、働く。

これが自信になって、実際にその後の就職活動がやりやすくなるニートの方も多いと思います。

短期、単発バイトなら仕事内容も簡単で楽なアルバイトは探すとたくさん見つかります。

人と話さなくても良いアルバイトもありますから、あまり他人とコミュニケーションを取るのが苦手で・・・といったニートの人も始めやすい仕事を探してみると良いと思います。

工場バイトなどは黙々と仕事、という働き方が多く給料も高めです。
短期募集も多いです。

単発バイトならショットワークス、バイトルなどで探すことが出来ます。

ニートから正社員就職を目指すには「年齢」が重要です

ニートから正社員として就職、社会復帰するには「年齢」が一番重要!といっても良いでしょう。

ニートは何歳まで就職できる?

ということで考えると、職歴なしニートの就職に関しては29歳がギリギリになるケースが多いといえます。

30歳を越えても就職は無理ではありませんが、非常に仕事が限定されますしさらに数多くの不採用を乗り越えて、正社員就職を掴む必要があります。

とても大変です・・・。

求職者が履歴書を企業に送り、採用担当者がまず見るのが、

「年齢」

「職歴、経歴」

です。

ニートの人からの履歴書の場合、採用担当者は空白期間をまずチェックします。

空白期間が長いと、採用担当者は色々な不安を考えます。

・採用しても辛いことがあったら、すぐに仕事を辞めてしまうのではないか
・職場の同僚、先輩社員と上手くコミュニケーション能力が取れるのだろうか?
・体力的に大丈夫か不安
・ビジネスマナーから教えるのは、現場の負担が大きい
・年下が先輩社員になる不安

などなど、採用することを考えた場合には、実に様々な不安や心配があります。

そうしたこともあり、ニート歴が長い人の就職は不利になってしまうのです。

ニートから正社員になれる年齢

ニートから正社員就職を目指す場合、年齢的な限界は30歳手前、29歳と考えて良いでしょう。

30歳を越えると、企業は中途採用者には即戦力となるスキル、経験を求めるようになります。

30歳を越えて一から仕事、ビジネスマナーなどを教えるのはちょっと・・・というのも実際あるでしょう。

また、未経験者を採用するということは今後のポテンシャルに期待しての採用、ということになりますが、30代で未経験者を採用すると今後の活躍期間が短いのです。

20代ならポテンシャル採用して、育ててもまだ十分活躍できる期間がある、ということから採用されやすいといえます。

30代をニート、無職として迎えてしまうと様々な点で就職が不利になります。

その結果、ニートは就職できない・・・ということになり、30代、40代をニートのまま過ごしてしまう可能性が高くなってしまいます。

さらに引きこもる事になり、親も高齢になり、ニートの末路としてどう救済するかという社会問題ともなっています。

生活保護、孤独死、ニートのまま高齢化すると悲惨な末路しか無い、といえますので正社員就職する気持ちがある方は、出来るだけ早く正社員就職に成功して、社会人としてスタートを切ることをオススメします。