*

大学中退 20代の就職・転職サイト

大学中退での就職や転職はやはり大卒の方や新卒者、第二新卒者の方と比べるとどうしても不利になってしまう事が多いです。

一度、就職する事ができれば社会人としての実績を作っていく事ができますが、就職までには越えなければいけない壁が多々でてきます。

ただ、大学中退でも就職できるチャンスは十分にあるので就職ポイントをしっかり押さえながら就活に励んでもらいたいと思います。

当サイトでは現在、大学中退からの就職・転職をお考えの20代の方へ、就職ポイントや有利に就職・転職を決める事ができる求人サイトをご紹介しています。

大学中退の就職はどんな所が不利になるのか?

求人探しの幅が狭くなる

大学中退からの就職ですとまず、求人探しの幅が狭くなってしまいますね。

就職サイトの求人に目を通してみるとわかりますが、ほとんどの求人が新卒者や第二新卒者向けの正社員求人になるんですね。もちろん大学中退の人はこうした求人にエントリーする事はできません。

最近では、大卒中退者歓迎という正社員求人も見る事もできますが、やっぱり新卒者や第二新卒者の人と比べると求人探しは不利になってしまいます。

大学中退は企業にマイナスの印象を与えてしまう事もある

大学中退者に良い印象を持たない企業も少なくはありません。

もし採用してもすぐに辞めてしまうのでは?
長続きしない可能性がある

というようなマイナスの印象を持ってしまうんですね。

一度でもこういったマイナスの印象を持たれてしまうとなかなか採用をもらえなくなってしまいます。ましてやその求人に大学をしっかり卒業している人からのエントリーもあると尚更ですね。

大学中退者と大卒者を天秤にかけると、企業側はどうしても大卒者を採用する傾向にあります。

履歴書には大学中退まで書かなければいけない

たとえ大学中退でも履歴書の学歴欄には大学中退まで記入しなければいけません。マイナスの印象を持たれてしまうからといって最終学歴を高卒にしてしまうとそれは学歴詐称になってしまうんですね。

当たり前ですが、その逆もダメですよ。大学中退なのに大卒と記載する事も学歴詐称になります。ばれなければいい、そこまでは調べないだろう、という考えで履歴書を作成しても面接の時にばれてしまう事もありますし、就業後にばれてしまう事もあります。

こうした学歴詐称は懲戒処分の対象になることなので絶対に学歴詐称をしてはいけません。

面接時になぜ大学を辞めたのか必ず聞かれる

書類選考の通過して面接まで進み、採用まであと1歩。

面接時、大学中退の方には必ず用意しておいてほしいものがあります。

それは大学を辞めた理由です。

なぜ大学を辞めたのか?という質問は面接時に必ずと言っていいほど聞かれます。

この時に面接官が納得できる答えを用意していないと採用をもらう事ができない可能性があるので事前にしっかり考えておきましょう。

「大学に行くのが面倒臭くなった」
「遊びたかったから」

というような答えはNGですよ。このような回答をした時点で不採用になると思ってください。

大学中退者が有利に就職を決めるには!?

大学中退者が有利に就職を決めるポイントとしてまず挙げられる事は、プロのサポートを受けながら就活を行うという事です。

現在、フリーターや求職者の就職・転職をサポートしてくれる就職サイトや就職支援サービスが数多くあります。

こうした就職サイトや就職支援サービスはサポート体制も万全なので大学中退の方でも有利に就職を決める事ができます。見る事ができる正社員求人も豊富でその中にはフリーター向けの正社員求人、未経験者を歓迎している求人も数多くあるのでお仕事探しも有利に行う事ができ、自分に合ったお仕事が見つかる可能性も高いです。

大学中退の方の多くが自力で就職を決めようと思っていると思いますが、プロのサポートを受けながら就職活動を行った方が断然有利に就職を決める事ができますよ。

大学中退の方におすすめの就職サイトが、

⇒リクナビNEXT(業界大手の就職・転職サイト)
⇒ハタラクティブ(20代向けの転職支援サービス)

この2つになりますね。いずれも就職成功実績を豊富に持っている就職サイト・就職支援サービスになるので現在、就職を目指している大学中退の方には是非、リクナビNEXT・ハタラクティブを使って有利に就職を決めてもらいたいと思います。

新着記事